Web会議とビデオ会議、根本的に違いがある

Web会議ソムリエ

Yahoo! JAPAN

Web会議とビデオ会議、根本的に違いがある

Web会議ソムリエメイン

Web会議とビデオ会議、根本的に違いがある

最近Web会議を行う企業が多くなっていますね。

支社からわざわざ遠くの本社に来るなどという時間の無駄をすることなく円滑に会議できるため、多くの企業がWeb会議を導入しています。

Web会議は新しいコミュニケーションツールとして脚光を浴び、共同作業を円滑にしたと利用者のほとんどが導入したことをよかったとしています。

Web会議とビデオ会議が同じようなものと思っている方がいますがまず、その違いをはっきりさせておきましょう。

Web会議の場合、その時間、オンタイムでカメラの前にいる方とコミュニケーションができます。

ビデオ会議もその点は同じですが、Web会議の場合、ネットを通じて行う会議となりますが、ビデオ会議の場合、専用機を通じてテレビの前に集合して行う会議となりますので、その違いは明らかです。

よりコミュニケーション豊かに、データ等をやり取りしながらという自由度の高さがあるWeb会議と比較すると、ビデオ会議の場合、その点で不自由さを感じます。

最近多くの企業ではWeb会議を導入し、安価に簡単に遠くにいる方々との会議を行っているようです。

Web会議ソフトタイプのメリットはトはスピーディで柔軟な会議が可能

Web会議、ソフトタイプのメリットはスピーディで柔軟な会議が可能ということ。

Web会議とビデオ会議をうまく使い分けよう

Web会議とビデオ会議をうまく使い分けしていきましょう。